激臭、栗のはちみつ、実はワインによく合う

関西の人気番組「探偵!ナイトスクープ」に取り上げられた際には「獣の匂いとか、濡れた犬の匂いがする」と酷評されていたそうで、単花蜜(単一の花から採取された蜂蜜)の栗は、確かに“激臭”です。

イタリア産のものをお土産でもらったことがあって、事前に知らされていたものの、それでもやっぱり臭いと感じましたし、フランスではブルーチーズと合わせるくらいですから、独特の“クセ”があります。

経験上、これを口にするには、ある程度の慣れが必要で、食べ方に工夫をすれば、大変おいしいものであって、おつまみとして好んで食べる食材だという人もいるくらい、実はワインとも相性がいいのです。

ちなみに、百花蜜(こちらは、いろんな花から採取された蜂蜜)にはたくさんの種類があって、その中には独特の香りを放つものがあり、これはほとんどの場合、栗が混ざっているからで、生産者の元には「腐っているのではないか?」などの問い合わせが寄せられることもあるみたいです。

上述の「探偵!ナイトスクープ」では、栗のはちみつを溶かしバターに加えて混ぜ合わせ、バゲットにつけるというのを、専門家のアドバイスに従って実際に作り、番組内で食べているそうで、これが非常に美味しいと結ばれていたとのこと。